とある暇人の禁書目録

西川貴教とHIGH and MIGHTY COLORをこよなく愛する、いろんな意味でのアーティストの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天は吾に味方せり!(笑)

…と、かの曹操殿は某大戦の中でかなり頻繁におっしゃられておいでですけども、そんなこと一度でもいい、のたまってみたいと思う管理人handmcabsです。

簡潔に申し上げますと、どうして麻雀大敗するかなぁー、ということです。来週末までに20000円とかどうやっても貯まらないんですが(大阪旅行



そうそう、今日は多摩美行ってきました!オープンキャンパスです!んーよかたーやっぱダクトは素晴らしい!あと可士和様!(デザイナー佐藤可士和さんは『T.M.R. -billion- -10th Anniversary Complete Single/Visual Collection of T.M.Revolution』のデザインを手がけていらっしゃいます)

やっぱり美術はやめられない気がしますお(・益・)
スポンサーサイト

てーせーよーこー

ごみんごみん

東京M8.0は24:45からでした。変わらずフジテレビにて放映です。みんなせめてOPだけでも見るんだよー!

久々のオフッフッフッ

どーもhandmcabsです。

最近は一昨日まで朝の四時前後までフル活動で起きてるという超ハードスケジュールで、ようやくそれから解放された今日なわけです。

というわけで昨日の夜は疲れをとろうと思い早めに寝たんだ。23時くらいにね。

そしたらふと起きてみたら時計が14:30とか指しやがってて、
「お!?なんだか夏期講習終わってんじゃん。いやっほーい!!

ということで再度眠りに。

次起きたのは18:00。そしてここでそろそろ起きようと思いコンタクトを嵌めようと思ったら。コンタクトが丁度切れてる。つまり眼科行かないといけない時期といつの間にかなっていたそうで、まだ診療時間だったこともあり眼科に向かうことに。
そして眼科に到着。すると、「本日休診日」とか書いてある。(°ω°)まじですかー

仕方なく家へ帰って、とりあえず部屋をキンキンに冷やして音楽を流してたら、abingdon boys school『Nephilim』が流れ出した。そしてよくわかんないけどPVのイメージが頭に喚起されてしまい、真似をする=全身を使って首を振る動作に至ってしまい、脳震盪が発生、気持ち悪くなって今再びベットの上にいる次第にてございます。

…たまには、たまにはこんな無駄な日も悪くない。ずっと怯えながら小さく膝抱えて低い雲を眺めていたよりはいいんだろうと思う。

まあそれでも少し無駄過ぎる気がするんですがねww

というわけでもっかい寝ますよ。今週末はまた多摩美のオープンキャンパスあるからね、今のうちに休んでおかないと、、



ではおやすみなさい。それと今日は東京M8.0第二回です。フジテレビで25:45からです。お見逃しなくー

第三弾!

今日の25:00!フジテレビで!東京マグニチュード8.0が放映開始となります!

つまり!

主題歌a.b.s.『キミノウタ』!みんな聞こうね!

お約束

お約束といってもそっちのお約束ではありません。私が約束してたこと。アレのレビューです。



というわけで『LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth-』のレビューです。



レビューをする前に少しだけ前提概念を。。。

まず、各アーティストごとに原曲が違うことにより対比による是非はつけにくい。というわけで、演奏技術及び各楽器がちゃんと最大限の役割を果たせているかを一番のポイントとします。

また、いくらLUNA SEAがV系バンドであろうと、狙いすぎて劣化ラルクとなることは避けるべきです。やはり天下のラルク様なので同じ土俵では戦えないでしょう。狙いすぎず、それでいてせっかくのリメイクの機会を活用しきれているかがまたのポイントとなります。






01:Dejavu/ムック ☆☆☆
トップバッターを務めることだけあって外してはいない。楽器隊の使い方もまあまあである。ドラムは少し単調だけど。ただ、少しシャウト気味にするところはせっかくなのでもう少し壊してみた方がいいかもしれない。声も楽器も。ラストもフェードアウト以外に上手い終わり方があったはず。あとはサビがエクスタシーな感じがあまり出てないのはAメロの流れのままで来てしまっているからである。そこがもったいない。
総じて☆3。

02:Sweetest Coma Again/abingdon boys school ☆☆☆☆☆
別に身内びいきではありません。がやはり流石です。やるならやりきろうぜ、という精神がギターソロに明快に表れていると同時にそれ以外でのギターの引き分けや岸さん(キーボード他)がいること及びそれを利用したプログラミング・ストリングスの使い方で他のバンドとの差分化がきちんとはかれています。そしてボーカルに関しては10年以上歌唱力を培ってきたわけですから言うまでもなくトップ。
総じて☆5。

03:STORM/玉置成実 ☆☆☆☆
ソロアーティストですが曲の作り方が上手いことがところどころににじみ出ています。14歳でデビューというのも伊達じゃない。強いてあげるなら、サビの爆発力が少し足りていない。というより、演奏が少し強すぎる影響をうけます。とはいえ、前奏・後奏のカッコよさはなかなか。十分及第点だろう。
総じて☆4。

04:PRECIOUS.../メリー ☆☆
壊すのはいい。だけれども、ただ壊しただけでそれをアートだと呼んでも人々の理解は得にくい。壊したら壊したなりのフォローがいるだろう。壊したのをマネしているとなれば尚更である。また、折角の楽器隊のパートが重なる点が目立ち、重ねるのを魅せたいならサビだけ見せればよい。ラインマーカーをひきすぎると大事なポイントが見づらくなってしまうのとおなじ原理である。
総じて☆2。

05:ROSIER/HIGH and MIGHTY COLOR ☆☆☆☆☆
やっぱり身内びいきっぽいですが、そんなことは決してなく純粋な配点としてこの点数です。ベースのはじき方からドラムの緩急、壊すべきところは上手く壊しているし、それでいてリメイクという点をきちんとなぞらえている。流石ハイカラです。評価すべき点は他にも多々ありますが、今更ながら言うことも少ないでしょう。
総じて☆5。

06:I for You/森重樹一 ☆☆☆
バラードその1。バラード感は溢れんばかりに出ていますが、眠くなってしまうあたり厚ぼったい感があるのは否めません。バラードは眠くなるものでは、と思う人はTMRのTHUNDERBIRD(UNDER:COVER ver.)を聞いてみれば何が言いたいのかはつかめると思います。ただピアノ一つに絞りきっているあたりは十分評価できるのは確かです。バイオリンでのアクセント付けもよいでしょう。
総じて☆3。

07:IN MY DREAM(WITH SHIVER)/LM.C ☆☆☆
我らがmACKAz様がサポートメンバーとして入っているLM.Cでございます。折角声をいじるならperfumeぐらいにまでいじってやってもよかったかもしれません。サウンド的にデジタル音がマッチしつつもデジタル音でしかできないことをちゃんとやっているのでこれでいいと思います。ただ、ラストのサビが終わった後がマンネリ化してしまう点だけが惜しいです。
総じて☆3。

08:END OF SORROW/YU-KI & DJ KOO from TRF ☆☆☆☆
流石はTRFという曲。ダークな感じがしっかり出せていて、全曲同様デジタルでしかできないことをやっているうえ、本人の確かな歌唱力及び二人の掛け合いが素晴らしいです。残念な点は、1番と2番が全く同じであるということ。それ以外は文句のつけようがなかったので本当に惜しいです。
総じて☆4。

09:LOVE SONG/kannivalism ☆☆☆
バラードその2。全てのメロディー、特にサビがちゃんと住み分け出来ていますが、やはり眠くなってしまうところがもったいない。あとは少し楽器隊の使い方に工夫がなさすぎる気がします。ちょっとしつこいのも気になる。基本的な部分はしっかり押さえられているし、今回のバラード作品の中ではトップではないでしょうか。同じ☆3でも☆4に近い☆3です。
総じて☆3。

10:SHINE/Marty Friedman VS LEGEND Feat. SHINICHIRO SUZUKI ☆☆☆
バラードその3。可もなく不可もない感じです。が、これだけバラードがタイアップされている中ちゃんと記憶に残るバラードを残せているか、という点に関しては少しぬるい気がします。ボーカルの伸びは随一だったので、もうちょっとうまく見せることもできたでしょう。アコギ一択というのに問題があった気がします。あと少し劣化ラルクと化しているところが残念です。
総じて☆3。

11:WISH/シド ☆☆☆☆
びっくりするほど明快な差分がなされていて、ちゃんと楽器ごとの使い分けができている点については、流石シドでしょう。それでも満点に届かないのは、けして身内びいきとかではなく、基本に忠実すぎるからです。基本という点では他のバンドの追随を許さないほど正確に捉え、それを実践していますが、そこから先にあるそのバンドのスタイルや色を、ありふれたものではなくいい意味で個性的な物へと練っていくことが必要だと思います。しかしながらそれでも十分及第点であるので。
総じて☆4。

12:MOON/土屋昌巳 ☆☆
最初に述べたとおり見事に劣化ラルクとなってしまっています。それに加えて楽器の使い方、及びなぜこのパートがこの長さ必要なのか、とかそういったことをしっかり把握した上で曲を作ってほしかった。ダークな方向性は間違ってないけれども、いろいろが合致していないため、結果よい原曲を生かしきれなかったのではないだろうか。
総じて☆2。











・・・はい。結構書いたつもりでも全然書かれてないですね。要は自己満足に浸ってたわけですねわかります。以前のやる気とか体力とか、どこ行っちゃったんだろうね。ホント年食った。ずっとアニキ的なポテンシャルを保って生きてゆきたいんですけどね。体力もボディも若々しさも。全部フィジカル面とか気にしない。メンタル的にもあのくらいのテンションとか保っていきたいです(ライブの

あとそっち方面の人に一言申しますと、別に私はラルクをV系ととらえているわけではないです。カッコいいとは思いますけど。ちゃんと音楽性から、声質から(笑)みているので顔補正とかありませんよ。

ちなみに西川さんはカッコいいんではないです。総受面白カッコカワキレエロ美しいんです。だからね、もう男女の壁とかカンケーないのら。野郎ライブとかすごいのら。まあこんなこと言ってるからおホモだち扱いされるわけなんですけど。人間として底辺あたりにいるのは分かるけど、そこまで行ってはないです。おかしいですよ、カテ○ナさん!!

そういえばガンガン調子いいのね。おじさん白キュベ私Xでお互い初乗りにもかかわらず2クレで2回ともFINAL NEXT行ったというwww(ルートはAとE
あとはやっぱデュエルAS強いです。パージアタックの射撃無効でGNBZまで防げちゃうなんて素敵!!着ても脱いでも使いやすいです。グゥレイトもいるし。今日もやってきました。試験中に何やってるんだーという。。。試験は金曜まで。

そしてまた試験中だった言ってる沙仲D.C.?T.Y.を始める俺ガイルwwwホントにダメ人間です。ダメ人間なの前提でコメントをさせていただきますと、意外と良作でした。最近ハズレが多いと厨の私でもうっすら気付いてた曲芸さんでしたが、今回はちゃんと泣きゲのスタイルが取れていると思います。これなら予約しとけばよかた。ただ家で何枚の期限切れ壱マップが捨てられていることか・・・

あと大丈夫なんですかFive powered and ”games”は。みんなカオヘをそんなにやりたがらないのか。箱○もってて貸してほしい人マダー??取り合えずまずいですね。とはいえゲームは元々本職ではないから、というか音楽の伝手があるから企業自体が潰れることはないでしょうけど、ファンとして昨年末1万円ほど投資を行った身としては残念です・・・



まあでもなってしまったものはしょうがないですから。数学で70点とか言うゴミみたいな点数取ったのも、もう終わったことですから。まあ数学に関してはなかなかに貯蓄があるんでいいんですけどね。



じゃ、寝ましょう。試験中のお昼寝は必須要項です。

ふみゅう、、

ああもう。起きてしまった。どうもhandmcabsです。

気持ち良ーく寝てたのさ。そしたらどうやら私めの神聖なお部屋に蚊が紛れ込んでたみたいなのら?

これまた半袖半ズボンだったわけで。要はあれです。カラダめったざしです。嗚呼痒い!しかもよりによって肘とか土踏まずとか刺すなよーなーおーいー



落ち着こう。先ずは蚊を潰しましょう。そう、僕は、MID-NITE WARRIORSになるんだ―――今が昼とか気にしない。私にとっては真夜中。

ちなみに。
ビデオの予約忘れてた:エヴァ
ここなんでシミ付いてんの?:制服によくわからない血のシミ
でした。多分今日はこんな日なんだろうね。

 | HOME | 

プロフィール

handmcabs

Author:handmcabs
歌って踊れるアーティスト。ことデザイナー。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

当ブログはランキング参加中

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。