とある暇人の禁書目録

西川貴教とHIGH and MIGHTY COLORをこよなく愛する、いろんな意味でのアーティストの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[注意]後半はドン引きしない人だけ読んでください



久々に写真付き記事。しかも超長い記事。






ここ一週間で買ったものです。
右から順に。買った順です。ホントでかいもんばっか。



・Xbox360(60GB)

・T.M.R.×GUNDAM SEED SPECIAL PROJECT X42S-REVOLUTION 初回限定生産盤A

・Chaos;HEAd らぶChu☆Chu 初回限定版

・Chaos;HEAd らぶChu☆Chu Sofmap特典 デジタルコンテンツディスク


値段はそれぞれ、

\20750(送料込)
\4500
\9240
\0(特典なので)




つまりこれだけで35000円、このほかに友達とボーリング行って牛角行って飯食って、電車代もかかって、3/17にはABINGDON ROAD MOVIES(\4000くらい)も出てたわけで、50000円なんてなんのそのというまるでイベントのように使ってしまいました。だが反省はしていない。受験おわった3月に発売しまくる方が悪い。でも、悪いと言いつつ、出てしまったら買ってしまう悪循環。だって全部俺と嫁の話じゃんか。







Xboxはみんな知ってるからもういいよね。スタンダードなタイプの60GB。これからは七海とちゅっちゅした後エンドオブエタニティをやるサイクルになりそう。






んで2個目のタイトル長いやつ(爆)は、初回限定生産盤AとB、それから通常盤が存在し、

Aには1/144HGハイネ専用デスティニーガンダムと1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM SEED SERIES BOX ART BOOK(つまりHGSEEDシリーズのパッケージ絵の一部のイラスト集)がつき、ジャケットはハイネ専用デスティニーガンダムのイラスト
Bには兄さんとガンダムの軌跡的なものを追ったDVD2枚組がついて、ジャケットはハイネとミゲル(共にCV.西川貴教)のBL(←)的イラスト
通常盤は特典はないが、ジャケットは兄さんのパイロットスーツ(当然オレンジ)着用イラスト

という感じ。そこ、Aは食玩とかいうなよ。



ぶっちゃけ流石に金がなくて(笑)Aしか買えなかったわけですが、

中身全部オレンジ。CDのジャケットもその台紙も、イラスト本もプラモパッケージも、ぜーんぶオレンジ。だから超満足。



けど何より、外箱の側面が一番満足。



どうみてもガンプラのパッケージなのに、EPICのロゴとか書いてあるし、CDのトラックリストも書いてあるし、あの有名なdiskマークも書いてあればその下に(CD+プラモデル)とか書いてある。

そしてガンプラお馴染みの機体説明まで書いてある。機体説明は、

『地球連合との戦闘末期、ザフトは最強のモビルスーツとしてZGMF-X42Sデスティニーを投入した。
長らくその存在は、シン・アスカが搭乗した一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から、その他にも同型機が存在することが明らかになった。ザフトは、デスティニーを効果的に運用するための特殊部隊編成の構想を抱いていた。

「コンクルーダーズ」の名称を与えられるはずであったこの部隊は、各地の戦線から選抜された戦績優秀なパイロットを集め、主力MSにデスティニーを配備して編成される予定だった。ザフトは、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせた部隊で連合の戦力を一蹴しその戦意を阻喪させることを企てていたのだ。
ハイネ・ヴェステンフルスはその一員に選ばれ、専用に調整されたデスティニーの製造も開始されていた。しかし、ハイネは機体の完成直前に戦死し、部隊も実際に編成されることはなかった。

主を失ったデスティニーは、今もザフトの兵器保管庫で目覚めの時を待ち続けている。』


だって。なんという後付け設定wwwハイネとかミゲル死んだあとどんどんすごい奴になってくな。それでいいのかよ福田。いやいいのか。



そして本命(笑)のCDにも、T.M.Revolutionの新譜が1曲はいってる。ガンプラ30周年公式テーマソング。Imaginary Ark。夢幻の孤光とは全然曲調違うよ。むしろcrosswiseに近いスローテンポロック。



てわけで超満足。よし、これ聞きながらデスティニー作る!これはガチ!







――[厳重注意]ここから妄想爆裂モード――












んで、らぶちゅっちゅはというと。今度は全部オレンジじゃなく全部ピンク。エロしかないエロゲみたい。でもCEROレーティングC。15禁。不思議だ。

初回特典として、マイクロファイバータオル(梨深)とジーフェス。自慰FE…なんでもない。やべぇこんなこと思い付く僕GJ!うひょー!

当然パッケージもゲームディスクもピンクだし、そのマイクロファイバータオルもピンク基調で梨深もピンク髪だし、ジーフェスに至っては中のページの背景全部ピンク。そういや説明書の背景も全部ピンクだったな。まさにピンク本。うひょうひょー!



そしてまたジーフェスの表紙の踊り文句も最高で、
『この一冊でキミもリア充?』
だってさ。んなわけあるかバカヤロー。これ読んだらむしろリア充から遠ざかるだろ。

…と思って読んでみたら。なるほど、確かにこれはリア充になれる。七海と。←
まあでも実際、各声優方の全身写真とか載ってるし、一番珍しいのは志倉千代丸氏の写真が載ってたこと。ちょっとはリアルに踏み込む気が……あるのか?


しかし七海かわいいな七海。七海。七海。。。

七海!七海!七海!七海ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!七海七海七海ぁううぁわぁああああ!!!ハァハァあああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!七海たんのきれいでかわいい髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!ハァハァあぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
ついにちゅっちゅ…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!ちゅっちゅなんて現実じゃない!!!!あ…コミックもアニメもよく考えたら…
七 海 た ん は 現 実 じ ゃ な い?
にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!七海ぅああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?販促イラストの七海たんが僕を見てる?
販促絵の七海たんが僕を見てるぞ!七海たんが僕を見てるぞ!愛妹の七海たんが僕を見てるぞ!!
リアルブートした七海たんが僕に話しかけてるぞ!!!おにぃ、ナナをもらって、だってさ!!ふひひ、それは体を好き勝手にしてもいいってことなのかなハァハァ!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には七海たんがいる!!僕やったよ僕!!ひとりでできるもん!!!
七海たああああああああああああああん!!いやぁあああああ…………………






………ハッΣ(゜Д゜)…僕はなにをしていたんだ………








――ここから正気――





………まあ実際、こんなことはホントには考えてないです。七海相手に欲情はす…アレだけど、こんなふうにはならないです。



……ん?七海相手に欲情…?七海…………ハァハァ!!七海七海七海!!かわいいようぁぁぁあああああああ!!七海ハァハァ七海七




――ごめんやっぱ正気じゃなかった――








それでまあ、ガンプラもちゅっちゅも、大満足なわけです。
そろそろタカノリの大満足ボーナスがもらえそう。そのくらい満足。




うんうん。

まだ春休みは始まったばかりだぜーっ!!!いやっほーぅ!!!









…では。
(↑せめて最後に体裁くらいは保ちましょう)
スポンサーサイト

Resonance of Fate

20日に箱が届いた。ない金をはたいて、徹麻に間に合うように買ったのだ。それだけあってか箱マジ神。買ってよかった。



そして、昨日の昼から今日の今まで、途中少し寝たり飯食ったりしたのだが、およそ24時間ぶっ通しで箱をやってみた。やったソフトはEnd of Eternity。他でもなく友人から借りた。だって私ソフトカオヘ(+らぶちゅっちゅ)しか持ってないし←






うん、このゲームめちゃくちゃおもろい。

おもろいと思った理由。考えてみたら結構あった。


1.バトルシステム
戦略っぽい半リアルタイムアクション。って口でいっても多分伝わらないと思う。それが好き。もともとあんまりバカスカ撃ち合うゲームが好きじゃないというか。メタギアとかSAとか、やってはいるけどあんま好きじゃない。精密にヘッドショットとか、そういう無駄にリアルを追い求めたものじゃなく、小気味よくサクサクいけるシューティングというのが個人的に好きです。

2.ワールドマップ
の広げ方が、完全にパズル。だがひとつのマスが四角形じゃなくと六角形なのがミソ。だから面白い。ピースをバトルで手に入れて、つなげてエリアを切り開いていくので、レベル上げの時もレベル上げに固執せず意味のあるものとなる。でもこれは理系じゃないと楽しめないかも。パズルだし。結構じっくり考えるし。

3.グラフィック
FFに劣らずキレイ。AAAやればできんじゃんって感じ。美術やってなかったら多分気付かなかったんだけど、このゲームの街は基本機械と歯車が貴重なんですが、そのグラフィックというか色使いがヤバい。見ても作れないような色をバンバン使ってる。色全体の境界線のメリハリが美しいFFシリーズに対し、こちらはごちゃっとした中にすごいクオリティの中で描いている、その連続性が美しい。あとそれ関連で建築物も。天井や壁の一面を完全に取り払い、そこから光を採り入れ、その光の色や影の形は時刻を追って変わっていくその様に、もはや憧れる。影も模様じゃなくて、影の下に入るとキャラクターにも影が落ちるし、配置や光と影の連続もやり過ぎってくらい明確でいい。廻る歯車の影がカッコよすぎる。

4.武器
に、これまたパズルのようにパーツを組み合わせてオリジナルの武器を作るのが楽しい。これもやっぱり私が理系脳だから楽しんでいるのかもしれない。飽きないパズルほど面白いものもないと思う。

5.コスチューム
他の作品と比べて、コスチュームに力が入っている。というかメイン服に対しても何の落ち度もない完成度で出来上がってる。デザイン的にも小奇麗にまとまっているものからお約束まで豊富なニーズに高いレベルで応えている。コスチュームに限ったことではないが、この作品はメインストーリーだけでなくささいな戦闘中の1セリフも結構ネタが豊富なので、そこに発見のし甲斐があるし親しみも持てる。

6.リーンベル
リーンベルがとりあえずかわいい。見た目もいいし、少し強気なのに割と置いてかれるキャラとか、チャプター進めるごとに萌えイベントもあるし魅力が増していくから超かわいい。リーンベルかわいいから買うって人もガチで結構いるようだ。もうかわいすぎ。(リーンベル:主人公の一人。3人いる主人公のうちの紅一点。)






そんなこんなで、このゲーム超面白い。金がたまったらプラチナコレクションじゃなくても買うでしょう。ちゅっちゅの次に買うでしょう。けど金貯まるの結構先なんだよな。3月終わったら言葉通り文無しになるしね。


とりあえず今は親のいない間このゲームを満喫していることとします。マスオさんくす。


凍えそうな季節に君は

Ash like ski the breathing to emancipate is reaching forthe catapult.



[和訳]
うひょー。






うひょうひょーってことです。








ちなみに昨日は、私の大切な友達の誕生日でした。おめでとう。



じゃまた。

パンツァーアイゼン:漢のロマンが敵を引き寄せるアンカー

今日はフリーな日なので、パソコンの中や部屋の整理をしていました。今日はパソコンでのデータ整理が主な作業ですが。


そしたらまあいろいろ出てくるわけで、過去の遺物、黒歴史、ダブり、昨日バカが残してったアレ、そのほかにもいろいろ。



当然の流れとして過去の遺物はついつい見てしまうものであり(厨二的なものは全力で削除というか見なかったふりをしますが)、

思わず懐かしんじゃうものとかあるんですよ。まあそりゃあるんだよね。






ぶっちゃけると、HIGH and MIGHTY COLOR [LIVE BEE LOUD -THANKS GIVING-]を見つけてしまったわけですね。


そう、これいったんだよ。ライブ自体は一昨年の10/18だったかな。DVDとして発売されたのは去年の1/25だったと思う。なんだかんだでもうそんだけ時間流れちゃってるのよね。このころはCHORDアトリエ入りたてだったりして、まさかマジに美大いくなんてこれっぽっちも思ってなかったんだよ。でも勉強するのはいやなんで、一番可能性があったのはもしかしてミュージシャンだったり←


話を戻して、このDVDだいたい2時間ぐらいあるんです。というか1アーティストが2時間もぶっ続けであんなライブやるの結構しんどいと思うのよね。当日ライブを見てただけの私が翌日鞭打ち状態になってろくに起き上がれなかったの覚えてる。



でまあ2時間あるのに今思いっきり見ちゃいまして。やっぱこのライブすげえよ。カメラまわってるからって服脱ぐのためらうなまっかつ!w

ハイカラはやっぱり守備範囲が広いんだよね。サブポジ○っつーか、守備力Aというか。でもどの楽曲もちゃんとハイカラにおさまってるからすごいんだろうな。ライブでしか聴けないアレンジもいいよね。勝手にギターソロ変えたりベース変えたりドラム変えたり。










ああ、書いてみると特に書くこともなかったな←

感嘆譜「!」をなんかこう拡大して、すっげー拡大すると、もしかしたらこんな文章が書いてあるのかもしれない気がします。

困ったな、私の語彙力が低いのか。。普通ぐらいはあると思ってたんだけどねーーーーーーーーーっ



アレだアレ、行間とか読んでくれ。行間に人の気持ちこもってるとかいうじゃんよ。それだよ。うん。













そんなとこ。それじゃ、片付けに戻ろう。

 | HOME | 

プロフィール

handmcabs

Author:handmcabs
歌って踊れるアーティスト。ことデザイナー。

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

当ブログはランキング参加中

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。